('config', 'G-NXSD1CDYZL'); ('config', 'UA-196066762-1');
コーチング

がんばっている私を認めよう!


認知症の実母と同居している私です。その介護まっただ中の私に、とても大きなエールを投げかけてくれたコーチ仲間の本です。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0B9T8HB3S/ref=cm_sw_r_apan_T90SSS5Y70P9N062AN97

『認知症介護を楽にしよう!: 高齢出産と15年間の義母の同居介護を乗り越えた私が送るエール 』近藤淳子著

この本の中で特に私に響いたものは大きく、それは「他の人と比べない」というところです。

著者が書かれているように、私も自分はまだまだ、ずっと他の人の方が大変な介護をしている、と、日々思っているし、他の人にもそう話しています。気付かないふりをしていっぱいいっぱいなんですよね、本当は。
自分でトイレも行く、自分でご飯を食べられる、機嫌も悪くない、だから、その母を見守る私はまだまだ他の人より楽なんだ。そう思ってきました。いや、そう思い込もうとしたり、本当の自分の気持ちを押し込めようとしていたのかもしれません。
私はもう充分頑張っている、元気に母が長く過ごしてもらうためには、私も頑張っている、母のために一生懸命頑張っている、そういう私を認めることが大事だと思いました。

そして、著者のように、
私も、母との生活を楽しみながら、感謝しながら、自分も、輝きながら、母を見守る生活をしていこうと思います。

認知症介護を楽にしよう!: 高齢出産と15年間の義母の同居介護を乗り越えた私が送るエール https://www.amazon.co.jp/dp/B0B9T8HB3S/ref=cm_sw_r_apan_T90SSS5Y70P9N062AN97